日本からニュージーランドに連れてこられた猫さんと一緒にのんびり生活中。更新不定期ですが、続ける気はあります(ノ∀`)
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 旅立ったアトム。
2014年02月08日 (土) | 編集 |
前回の記事で思いっきり謹賀新年とか書いてるけど(;´Д`)
昨年の8月に実家のわんこ「アトムくん」が天国へ旅立ちました。

atomu201402 1
こんなに白くなちゃってたのね。。。

15歳とちょっとでした。
多臓器不全かな。ずっと腎臓が悪かったようですが、元気にお散歩してたし
まだまだ大丈夫そうと思っていたのに。
急に悪くなるものですね。

ちょうど私が息子と3週間ほど日本へ帰国している間の出来事でした。
待っていてくれたのでしょうね。
この暑い真夏の日本にわざわざ帰らなくてもと思っていたのに
急に安い航空チケットが出て、勢いで買って帰ったわけです。
アトムの容態もそれほど悪いとは知らなかったし、帰ってすぐは
まだまだいけるっしょ?と思わせるくらい歩いていたんですが。。。


まだ働いている母の手をわずらわせることなく、長期お盆休み中に
急に容態が悪化してそのまま静かに旅立つという、なんとも男らしい最後。
ばらばらに暮らしている私と弟2人にもきちんと会ってから逝きました。
なんて立派なやつ!!
たくさんの思い出をありがとう。

私も母のそばに居て一緒にアトムを見送ることができて幸せでした。
アトムありがとうね。

息子はまだ単語が出たばかりくらいのころで
こちらへ帰ってきてからもしばらくは「わんわん、いない」と
つぶやいておりました。(T_T)


必ず別れはあるものだけど、悲しいですね。
もっとたくさん息子とお散歩して欲しかったな。

atomu201402 3
「がおーー食べちゃうぞー」(ア)


atomu201402 4
一緒に添い寝してくれるアトム

atomu201402 5
「ちょっとくらい触ってもいいですよ」(ア)

atomu201402 2
本当に最後までかっこいいワンコだった!


アトム2
私が犬を飼いたいとずっと欲しがっていて初めて我が家に来た犬がアトムでした。
でも私はアトムが来た当時もう大学生。
実家での暮らしより自分の世界が広がるほうが楽しくて
アトムがきて1年くらいで一人暮らしを始め、アトムのことは母にまかせっきりに。
実家に帰ったときに散歩に行くくらいだったけど、母の入院中は
のんたんと一緒にちょっとだけ暮らしたり、思い出もたくさんありました。

毎年正月にはアトムを連れてみんなで旅行にいったり。
車に乗せるといつもハアハアしちゃうところがまたかわいい。
頭が良くて服従するのは嫌いなんだけど、「待て」がすっごく上手だった。
「お手」はいやいやしてくれてたね(^_^)

アトム1
本当にたくさんの思い出をありがとう。
天国で大好きなジャーキーいっぱい食べてね。

いつかのんたんと次元との別れもくるのかと思うと
いま子供の世話で手一杯でも毎日なでてあげなきゃなぁと思うノンジなのでした。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ       
いつもありがとうございます。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。