日本からニュージーランドに連れてこられた猫さんと一緒にのんびり生活中。更新不定期ですが、続ける気はあります(ノ∀`)
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 検便二回目
2008年02月26日 (火) | 編集 |
にゃんこさんがうまいことうん○をしてくれたので
獣医さんのとこまで検便の為にふんを持参。
最初の検便から少なくとも14日の間隔をあけて
二回目の検便をしないといけないのです。
何回やっても虫なんていないんだがね。

2頭いるとうん○のタイミングもまったく一緒では
ないのでちょっと大変。うちの2頭は比較的同じ日に
することが多いですが。そうそう、うちはダイエット中
だからか1日おきにしかふんをしないのです。
昔は毎日規則正しくしていたけれど。
高級なえさだとふんも少ないし、臭いもひどくない。
いまはノン子先生のために処方食なのでふんも
いい感じです。

検便ついでに渡航4日以内に行う、外部内部寄生虫
駆除のお薬もゲット。この前やったプロフェンダーと
フロントラインです。これを3月3日あたりに投与して
獣医さんのサインをもらえばだいたい完了。
今日はFAXで成田の検疫所の予約もしたし。
準備万端ですな。

じげたんが昨日はバリケンの中で寝てたし。
えらいぞ。うんうん。

この渡航の為の投薬や検査項目は日本の家猫には
無駄な部分が多いです。
おそらくニュージーでは猫は外で飼うのが基本。
というか人の話では家の中だけで飼うなんて
猫がかわいそうという考えの持ち主が大半なようで。
それならばこの異常なまでの寄生虫の駆除要請も
納得です。ちょろちょろ外出てたらすぐ虫ついちゃうかも
しれないし、もともと持っている確率めっちゃ高いからね。

うちのにゃんこさんは箱入りだから、いないんです
と言っても通じないんだろうな。
ニュージーの検疫施設でむしろ寄生虫にやられるんじゃ
ないかと心配なんすけど。
(写真見た感じ、なんか半分外みたいだったし)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。